2013年03月20日

神社参拝で良縁祈願する方法

【質問】

神社参拝で良縁祈願するときの方法を
教えてください。



【回答】

まずは、行き先となる神社を選定することが
もっとも肝心です。


お住まいの地域の一の宮(いちのみや)
と呼ばれる神社を選ぶようにしましょう。
ただし一の宮でも不適なところがあります。


神社での良縁祈願の方法の
基礎的なやり方をご紹介しましょう。


参拝の日程が決まったら、神社に行く前から毎日、
自分の魂のガイドである守護霊に同様の祈りを行って
祈りの「仕込み」をしておきましょう。


祈る内容を覚えるところまでやりこんでください。
祈る内容とは、自分の良縁祈願についてです。
具体的であればあるほど効果的です。


神社では、最初にお賽銭箱の前にお祈りをします。
そこでは二礼二拍手のあと、
合掌して、祈りを心で唱えます。


それから社務所でご祈祷を申し込み、
ご祈祷の最中にも、心の中で祈り続けてください。


最後におみくじをひき、それは持ち帰り、
ノートや日記に貼り付けておきましょう。


頂いた祈祷のお札は、神棚か目の高さより高い場所に
安置して、日々祈るとよいでしょう。


今回ご紹介したものは、基礎中の基礎です。
実際にはもっともっと効果を最大化させるノウハウが
あります。


冒頭で書いたように神社の選定がもっとも重要であり、
一の宮でも推奨できないところも多いです。


よくない神社にいくと、返って不運にみまわれる
恐れもあり非常に危険です。
特に、絶対にいってはいけない神社もあります。


下記の教材には全国の恋愛成就の推薦のパワースポットと、
行ってはいけない神社の種類、そして、
神社参拝の効果を最大限に大きくする秘密が公開されています。


『パワースポット完全活用マニュアル』


posted by 伊勢 at 19:10| 開運するお参りの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

神社で祈ると悪いことがおこると主張するブログ

最近、いろいろな精神世界の説が蔓延していて、
なかには、神社で願いごとをしたらいけないとか、
願いごとをすると悪いことがおこるとか、


そういう内容を書いているブログがあるようです。
まったくの間違いですが、多くの人がふりまわされてるようです。


もし、神社祈願が悪いことであるとすれば、
二千年間の神社の歴史はすべて悪ということになります。
縄文弥生の昔から、日本民族は、豊作や豊漁や天候豊潤を祈って、


神社の神様をお祭りしてきました。
豊作を願う神事や豊漁を願う神事や
天下泰平を願う神事が、


日本全国の神社に伝承されています。
その文化そのものを否定するようなブログがあるようです。


いったいそのブロガーは、なぜ、神社参拝を悪くいうのでしょうか?
二千年の神社の歴史、そして、日本民族の歴史を否定するとしたら、
それは邪神の所業ではないでしょうか。


そもそも天皇陛下は、いつも天地神明に日本国民の幸せを祈って下さっています。
宮中には、天皇様が祭祀を行う神殿があります。


そこで、日本の国民の幸せと世界の平和を日夜お祈りくださっているのが
天皇陛下であり、それが天皇様の本来のお仕事です。


その天皇陛下のなさることまでも否定するその精神世界ブログ、
それは何者でありましょうか。





タグ:神社参拝
posted by 伊勢 at 22:46| 開運するお参りの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

効果的な神社でのお参りの仕方

パワースポットである神社に
お参りされたら、効果的に参拝することで、
何倍も開運することができます。


お手水をすませたら、
先にお賽銭箱のある拝殿前で、
あらかじめ祈ってください。


神社では二礼ニ拍手の礼式ですから、
その礼のあと、あらためて、
20分ぐらいかけて、


自分の今の状況とそれをどう変えたいのか、
何を叶えたいのかを詳しく心の中で
神様に申し上げてください。


それから社務所にいき、ご祈祷を
申し込み、
ご祈祷を受けている最中も、
心の中でずっと自分の願い事について
祈り続けていてください。


お祈りの言葉としては、
まず最初に今日ここにお参りにこれたことを
感謝しましょう。


それから自分の願うことを
申し上げてください。


最後はまた祈りを聞いてくださったことを
感謝して、終わります。


ご祈祷が終わったら、
おみくじを引いてみてください。
そのおみくじは持ち帰りましょう。



一の宮


パワースポット東北地方


パワースポット中部地方


posted by 伊勢 at 19:06| 開運するお参りの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。