2013年03月20日

神社参拝で良縁祈願する方法

【質問】

神社参拝で良縁祈願するときの方法を
教えてください。



【回答】

まずは、行き先となる神社を選定することが
もっとも肝心です。


お住まいの地域の一の宮(いちのみや)
と呼ばれる神社を選ぶようにしましょう。
ただし一の宮でも不適なところがあります。


神社での良縁祈願の方法の
基礎的なやり方をご紹介しましょう。


参拝の日程が決まったら、神社に行く前から毎日、
自分の魂のガイドである守護霊に同様の祈りを行って
祈りの「仕込み」をしておきましょう。


祈る内容を覚えるところまでやりこんでください。
祈る内容とは、自分の良縁祈願についてです。
具体的であればあるほど効果的です。


神社では、最初にお賽銭箱の前にお祈りをします。
そこでは二礼二拍手のあと、
合掌して、祈りを心で唱えます。


それから社務所でご祈祷を申し込み、
ご祈祷の最中にも、心の中で祈り続けてください。


最後におみくじをひき、それは持ち帰り、
ノートや日記に貼り付けておきましょう。


頂いた祈祷のお札は、神棚か目の高さより高い場所に
安置して、日々祈るとよいでしょう。


今回ご紹介したものは、基礎中の基礎です。
実際にはもっともっと効果を最大化させるノウハウが
あります。


冒頭で書いたように神社の選定がもっとも重要であり、
一の宮でも推奨できないところも多いです。


よくない神社にいくと、返って不運にみまわれる
恐れもあり非常に危険です。
特に、絶対にいってはいけない神社もあります。


下記の教材には全国の恋愛成就の推薦のパワースポットと、
行ってはいけない神社の種類、そして、
神社参拝の効果を最大限に大きくする秘密が公開されています。


『パワースポット完全活用マニュアル』


posted by 伊勢 at 19:10| 開運するお参りの仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

伊勢神宮の御垣内参拝

伊勢神宮の御垣内参拝はふつうのお参りとは違います。
式年遷宮は、20年に一度の儀式であり、社殿をすべて新しくする
伊勢神宮だけの儀式です。


御垣内は伊勢でもっとも神聖な場所です。
伊勢神宮の式年遷宮に寄進した人には、特別参宮章が
付与されます。


そして、御垣内に入らせてもらえるのです。
御垣内参拝をする際には、正装でなければ入ることが
許されません。


カジュアルなスタイルでは入れないのです。
男女ともスーツに準じた正装が必要です。


まずは、社務所で、式年遷宮への奉賛をしてください。
すると特別参宮章が頂けます。
五千円ぐらいの奉賛で十分です。




タグ:式年遷宮
posted by 伊勢 at 00:54| 伊勢神宮の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

伊勢の式年遷宮のもつ意味とは

伊勢神宮の式年遷宮は、二十年後とに社殿や神宝一式をすべて
新しく作り直すという神事です。


持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた後は、
戦国時代の一時期をのぞいて、二十年ごとに遷宮が実施されました。


すべてを新しくするので、現在では500億円をこえる費用が
かかるものになっています。


しかし、この式年遷宮のおかげで、神社建築の技法が、飛鳥時代のまま、
千三百年以上も前の秘術がそのまま伝承されて温存されているのです。


宮大工が神社建築の技術を継承していける土台になるのが、
伊勢の式年遷宮です。ギリシャのアテネ神殿の建築技法がすでに失われていること
を思えば、この二十年ごとの建て直しのもつ大きな意味がわかります。


これをムダなコストだと思えば、このような伝統技術の伝承は
途絶えてしまうのです。


いま、日本の土木建築の技術は世界一の水準ですが、もし、公共事業を
まったくやらなくなれば、この技術レベルもまた失われるのです。
伊勢の式年遷宮はわたしたちにこのことを教えてくれているのです。







タグ:式年遷宮
posted by 伊勢 at 01:14| 伊勢神宮の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。