2012年12月23日

伊勢神宮での御垣内参拝のマナー

伊勢神宮の内宮で御垣内参拝をする人がいます。
これはご祈祷とは別のものであります。


それは本殿の門の中にはいり、御垣内とよばれる正殿の
すぐ前の白い大きな玉垣がしきつめてる場所で、
拝礼することです。


御垣内参拝の仕方を知らない人がとても多いです。
社務所で、御垣内参拝させてくださいとお願いしても
断られます。


方法はただひとつです。
それは社務所で「式年遷宮への奉賛」をすることです。
五千円からできます。


奉賛をすると、「特別参宮章」というカードが
もらえます。


正殿の前にいき、門番をしている詰所の神職様に、
「特別参宮章」を見せると御垣内参拝をさせてもらえるのです。


ただし、服装チェックの厳しさはものすごいです。
政治家や皇族はモーニング姿の正装で御垣内参拝をされます。


庶民でも正装でないと入らせてもらえません。
黒のスーツ、グレーのネクタイ、スーツにみあう正装のコート、
夏でも正装でないとダメです。


女性も膝下の長さのスカートでないとダメで、
ジャケットのついているワンピースかツーピースです。
黒、グレーの地味なものでないといけません。


派手であったり肌を露出していると断られます。
タートルネックやヒモタイもダメです。
カラフルな傘をもっていてもダメです。

靴も黒やグレーの地味な靴で正装に
あうものでないと断られます。


女性はつま先がみえるようなサンダルなどダメです。
パンプスがよく、ブーツやミュールでは断られます。


このように御垣内参拝はふつうのご祈祷とはまったく
違い、かなり服装チェックが厳格であることを
知っておくことが大切です。


御垣内では私語は厳禁です。
静謐を保ち、静かに参拝をして、すみやかに
退出をしなければなりません。
何十分も祈る人は、御垣内ではなく、賽銭箱の前でしましょう。


御垣内はさっと二礼二拍手をして、おじぎをして、
感謝して、出て行くだけです。
それだけでも、この最高のパワースポットの中の中枢に


足を踏み入れることは大きな魂の栄養を授かります。


パワースポット完全活用マニュアル







posted by 伊勢 at 22:07| 伊勢神宮の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

伊勢神宮のパワースポットの秘密

伊勢神宮のパワースポットの場所については、
伊勢内宮と伊勢外宮の本殿のほかに、境内の中にある
摂社や末社をあげて、そこがすごいと主張している人もいます。


たしかに伊勢にはたくさんの神社があります。
すべて由緒正しき歴史を持つので、めぐることで神話の時代を学ぶ
素晴らしい体験ができるのも事実です。


しかし、本当のパワースポットの中のパワースポットに行き、
そこでしっかりと人生開運を祈るという観点からは、
周辺などは実際にはあまり関係ありません。


伊勢内宮と伊勢外宮の境内の中にあっても、重視すべきはまず本殿であり、
その本殿でも、さらに御垣内(みかきうち)です。


伊勢にいったら、外宮と内宮に参拝し、そこでまずは本殿の前で、
しっかりと祈りを捧げることが大切です。
本殿前は込み合うので、少し横にずれて、そこで二礼二拍手のあとで、


自分なりの祈りを丁寧に捧げるのです。
それは三十分でも一時間でもよいのです。
いろいろあれこれうろうろすることよりも、よほど大切なことです。


そして、御垣内参拝もさせて頂きましょう。
それには社務所で、式年遷宮に寄進することが必要です。
ご祈祷ももちろんきちんと受けておくべきです。


posted by 伊勢 at 14:52| パワースポット 伊勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

日本人の死生観

大森貝塚をみつけたエドワード・モースは、日本の自然を好み、
美しさに感嘆していたといいます。
モースと同時期に来日したスイス公使エメエ・アンペールは、
日本の子供達がまず「いろは歌」を学ぶことを知って、


「日本人は人生の苦難や困窮にあっても、何らの不平を持たず、
死ですらも宿命的な性格が与えられて平凡な日常の些事として
見ようとしている」と書き残しています。


いろは歌とは、諸行無常の世界を表現したもので、弘法大師の作ともされ、
この世に永久的なものは何もないという無常観を教えています。


その一方で、伊勢神宮の式年遷宮のように、二十年ごとに
繰り返される再生の象徴も存在しています。


「世の建て替え、建て直し」と言う言葉もありますが、
古くなれば新しいものへと再生させる思想もあります。



タグ:天照大神
posted by 伊勢 at 12:18| 伊勢神宮の秘密 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。